楽しいを学ぼう 幼児教育

幼児の時に学ぶこと

学ぶ

大人になったら火星まで飛んでいく宇宙飛行士になりたい、どんな病気でも治せるお医者さんになりたい、みんなの生活を便利にする科学者になりたい。
子供には、たくさんの夢とたくさんの可能性があります。
大切な夢や可能性を実現させていく為には、どうしたらいいでしょうか。
幼児期は、一生の基礎をつくる大切な時期でもあり、人間の能力が効率的に伸びる時期でもあります。


物事に対する理解力、色々な人とコミュニケーションをとる力、キチンとした生活習慣、問題は必ず解決出来るんだという思考力、社会でのマナーやルール、そして人に対する思いやり。
そういった人として大切な事を学ぶことこそが、幼児期には必要だと思います。
そしてまた、出来る喜び、褒められる喜びを知ることも、前向きで健やかな子供を育む事になるのだと思います。

想い

想い

これから始まる勉強人生の基礎を作り、社会で生きていく力をつけたい。
保育園、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学、専門学校と、これらの選択一つ一つが、少なからず子供の人生を決定づけるものになります。
その中でも、幼児期から小学生までのお子様には、ご家庭の思いや方針が強く反映されます。

私たちはそんな悩み多き時期にご家庭の思いをくみ取り、そのお子様に合った指導を行いたい。そして、お子様の今後長く続く「学び」の基礎を作るべく、学習に取り組む姿勢を幼い時期にこそ身につけさせてあげたいと思っています。
何事においても、習慣や姿勢というものは、いつの時期になったから急に変わる、改善されるというわけにはいきません。
だからこそ、人格形成に大きく影響する幼少期に、質の高い教育を提供したい。
それが私たちの想いです。

受験

受験

受験に出題される内容は、ひらがな・数字は書かなくてもよい、ということが前提とはいえ、範囲は幅広く短期間で身につけることは幼い子供にとって困難です。
また、集中して詰め込んでもなかなか応用することができません。

机の上での勉強と共に、日々の生活の中で家族との会話や興味の中から、ゆとりをもって一つ一つ身につけていき、しっかり定着させて受験に臨むことが理想です。
ご家庭での学習、サポートはもちろん必要ですが、教室での学習では効率の良い取り組み方を指導し、また他者との関わりで生まれる競争力や協調性を作り出すことによって、ぐんとお子様の力を引き出すことができます。
出来るだけ早い時期から、小学校受験への取り組みをスタートさせる事をお勧めします。

コラム

コラム

「親子で読み聞かせ」

小さい頃、お母さんお父さんに絵本を読んで貰った思い出が、みなさんにもあるのではないでしょうか。膝に抱っこして貰いながら、ネズミたちのワクワクする冒険のお話や、お化け達の怖―いお話、命の大切さに気付くお話を、お母さんお父さんが迫真の演技で読んでくれた思い出が。

親子で交わす言葉や微笑みスキンシップが、子供にとって何よりも安心感を与え、物事に対す積極性を生み出します。また、絵本を通して、道徳やマナー、健康な生活習慣に至るまで、わかりやすく子供に伝える事が出来ます。そして、お母さんお父さんにとっても、お子様がどんどん成長している様子を、肌で感じ取れるのではないでしょうか。
読み聞かせは、大人になっても思い出として残るぐらい、みんなが幸せな時間を過ごせるのだ思います。
是非、親子で読み聞かせを行って下さい。

対象講座一覧

  • アップル幼児教室
  • レッツ 先生が家庭教師
  • ガウディア
  • 秀栄塾

※ガウディアは年長より対象となります。

TOPへ戻る

  • 幼児教育
  • 小学生教育
  • 中学生教育
  • 高校生教育
  • 高卒生教育
  • 社会人教育
  • 広域通信制 単位制高等学校
  • 全講座一覧
  • 全講座一覧
  • 最新情報
  • ガウディア先生募集
  • 人気の資格BEST5
  • 西淀川区まちづくりセンター